神社に関する豆知識 神社に性別がある?お守りを複数持つと神様が喧嘩する?など

神社には奉られている神様の性別があるって知っていましたか?

小さなころから神社にお参りされる方も多いと思いますが、どこの神様でどんな意味があるのかなんてなかなか分かりませんよね。

 

そして神社で買うことができる、お守りも何個も持っているとそれぞれの神様が喧嘩していまいそうに思えてきます。

今日はそんな神社に関する豆知識をご紹介いたします!

スポンサードリンク

屋根を見れば神社の性別がわかる?

実は神社の屋根にはとても重要な意味が沢山含まれており、

屋根を見ればどこの派の神様で、男の神様なのか女の神様かが分かってしまうんです。

日本の神様は大きく分けて二つの派があります。

 

 
  • 天孫降臨からの「天津神様」
  • 元々日本に遷座されていた「国津神様」
 

 

そして屋根をみればどちらの神様を祀っているのかが分かります。

 

拝殿の瓦が参拝者側に流れている造りの社は天津神様を奉る社で、正面から見ると横に屋根がついているように見えます。

そして拝殿の屋根が山型の様に左右に分かれているのが国津神様を奉る社となっており、正面から見ると山の字の様に中心が盛上がって見えます。

そして更に神様の性別は屋根の上についている、千木(ちぎ)というものを見ると分かります。

 

千木の先端が水平に削られているものは女の神様で、

千木の先端が垂直に削られているものが男の神様を奉っています。

 

家庭の神棚などは「天照大神」を最上部に奉られることが多いので、平らな部分を上向きにする女の神様となります。

スポンサードリンク

お守りを複数もつと神様が喧嘩する?

日本全国の神社をめぐることを趣味にしたり、行った先で色々なお守りを購入される方も多いそうです。

ですが、複数のお守りを沢山持つと神様が喧嘩をしたり、縁起が悪いことが起こらないか心配になりますよね。

 

ですが、お守りというものは願いを叶えてもらう為のものではなく、信仰の証という意味でもありません。

自分を守ってくれると言われるもので、お守りを持つことで身に振りかかる災いや苦難から助けてくれると考えられています。

 
お守りを複数もっていても神様が喧嘩することはありませんし、良く無いことが起きるという分けでもありません。
 

ただ個人的にはあまり多くのお守りを持っていても、家で保管しているようでは意味がないものだと思っています。

お守りは常に身のまわりに置いて自分を守ったりしてくれるものですから、

常日頃から持ち歩き感謝の気持ちを忘れないようにすることが大切です。

 

お守りは記念品やお土産ではないので、どこか有名な神社へ行ったから記念に沢山買って帰ろうという考えは控えるようにして下さい。

お守りは決して雑に扱わないようにして下さい。

神様として祀られる動物とは?

神様の使いとして祀られている動物はとても多くの種類があります。

 

・イノシシ

京都府にある建仁寺ではイノシシが祀られています。

ここではインドの軍神である、摩利支天が本尊として祀られていることに由来しています。

 

・鳶(とんび)

京都の愛宕神社では鳶が祀られています。

これは愛宕山の天狗がかぶる鳶帽子から鳶を神様の使いとしている為です。

 

・オオカミ

埼玉県にある三峰神社では神様の使いとされており、狛犬のようにそびえたっています。

 

・ムカデ

奈良県にある朝護孫子寺では、珍しくムカデが神様の使いとして祀られています。

ムカデは仏教における四天王の一尊における武神・毘沙門天(びしゃもんてん)の使いとされていることに由来します。

 

みみずく

兵庫県にある射楯兵主神社で祀られています。

沢山の木々を植林した神様が祀られており、神の使いとしてみみずくとされています。

 

その他にも全国各地には

 
羊、カラス、狸、カッパ、鳩、鹿、牛、象、猿、龍、ねずみ、馬、クジャク、白虎、亀、狐、麒麟、兎などがあります。
 

神使だけでもこんなに沢山の種類と由来があるんですね!

神使を巡るだけでも面白そうです!

 

こちらの動画が参考になります↓

神使について


神社は神様の通り道?

神社は常に神様がいるわけではなく、

祭事の際に「降神の儀」「昇神の儀」という儀式があり、そこで神様が降りたり昇ったりしているものと考えられています。

 

神様の通り道という言い方は少し語弊があるかもしれませんが、

私たちと神様を繋ぐものと考えることはできますね。

 

よく神社の参道は神様が通る道とされています。

なので基本的には参道を歩く際には隅っこを歩くようにするのがマナーと言われますが、

一般的な神社では神様が参道を通ることはありませんので、気にしなくても大丈夫です。

 

ただ伊勢神宮と出雲大社では真ん中を歩かないと言うマナーが存在しますので、知っておいて下さい。

出雲大社では毎年、全国から八百万の神様があつまる「神迎祭」が行われます。

この祭りでは稲佐の浜から神々が降臨し、神迎えの道を通って参道から神殿へと入って行きます。

神社は私たちと神々を結ぶ密接な役割をしていると言えるでしょう!

スポンサードリンク

関連記事

さつまいもはとっても栄養豊富!離乳食にも最適 

寒い時期になってくると食べたくなる焼き芋。 焼き芋に使われるサツマイモはとっても栄養が豊富で体

記事を読む

半夏生ってどう読むの? 読み方と意味をご紹介!

半夏生とは雑節の一つのことをさしますが、半夏生とは一体なんのことでしょうか? 主に農家の人にと

記事を読む

5月人形の処分の仕方を教えて ゴミで出してもバチが当たらない?

3月の桃の節句が終わって5月になると子供の日が来ますよね。 待望の男の子が生まれた家族両親にと

記事を読む

飲み会のコール 定番の盛り上がるコールを教えて

飲み会で誰かに飲んでもらう時に使われるのがコールです。 掛け声をかけるだけで、周りの雰囲気も盛

記事を読む

カサンドラ症候群て何?離婚に至るケースも!? その気になる症状とは

「カサンドラ症候群」私はあまり聞いたことのない言葉でした。 主に夫婦間でパート

記事を読む

春はうつ病になりやすい?その原因と対策をご紹介

春は社会人にとっては転勤や移動などの新しい職場、学生さんでしたら、入学や新学期が始める季節です。

記事を読む

修正液をハガキや手紙などで使う場合のマナーを教えて!

ハガキや手紙を書く時は気を付けていても誤字脱字など間違ってしまうことがありますよね! そんな時

記事を読む

ホタルイカの旬っていつごろ?ホタルイカの見投げって?爆湧きってどういう意味?

海の中で、体が青く光ることで良く知られる「ホタルイカ」。 一般的によく知られるイカと違い、一口

記事を読む

高速道路の逆走事件、原因は?

全国の高速道路で逆走による事故が相次ぐなか 2015年1月21日岩手県の東北自動車道で、

記事を読む

ブラジルで流行しているジカ熱とは?原因は何?小頭症とは?

ニュースでブラジルの赤ちゃんが大泣きしていた画面が流れていました。 その赤ちゃんが小頭症という

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ホタルイカの旬っていつごろ?ホタルイカの見投げって?爆湧きってどういう意味?

海の中で、体が青く光ることで良く知られる「ホタルイカ」。 一般的

健康診断の結果が出るまでの期間は?即日で結果が出るところもある?再発行は可能?

健康診断の結果が出るまでの期間はどれ位? 健康診断を受けてから結

手の爪がでこぼこの原因は?改善方法を教えて!

手の爪がでこぼこになる原因は?でこぼこの種類によって病名が違う?(縦、

白湯は朝に飲んだ方が効果的 その理由とは

白湯の効果が最もあるのは朝らしい 身体に良い!と言われている白湯

兄弟の新築祝いの相場は? 独身と既婚で金額は違う?渡すタイミングは?

 兄弟の新築祝いの相場は?独身と既婚で金額は違う? たとえ気心の知れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑