ひげの埋没毛を処理したい 効果的な処理方法をご紹介

SPONSORED LINK

ひげの埋没毛をご存知でしょうか?

よく髭を剃っていても顔が黒く見えたりする方がいますが、これは髭が埋没毛になっていることが原因となっています。

埋没毛とは新しく生えてくるはずの髭が表面に出てこないで、皮膚の中に入り込んでしまっている状態のことです。

アゴが青く見えたりするのも嫌なものですよね。そこで埋没毛の効果的な処理方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

ひげを抜くクセがある男性は埋没毛になりやすい?

埋没毛になってしまう大きな原因として、髭を毛抜きなどで抜いていることが考えられます。

髭を抜いてしまうと毛が皮膚から抜ける為、次に生えてくる時に髭の生える方向が定まらなくなります。

 

定まらないと毛が皮膚の隙間に入り込んでしまったり、また角質などが蓋をして皮膚の中に毛が閉じ込められてしまったりします。

抜くよりも電気シェーバーなどを使って優しく剃っていく方が埋没毛は出来にくいです。

予防法を教えて

埋没毛を防ぐ為の予防法としては
  • 髭を抜かない
髭を抜くと新しい毛の方向が定まらなくなり、埋没毛になりやすくなってしまいます。

 
  • カミソリなどで強く剃ることをやめる
カミソリで強く剃ると、皮膚を傷つけてしまい肌荒れの原因となります。

皮膚の表面に小さなかさぶたが出来てしまうと、新しい毛が生えてこようとした時に表面に出て来れなくなってしまいます。

 
  • 角質を落とし綺麗にする
毛穴に汚れが溜まっていると、角質になり毛が埋もれる原因となります。

また清潔にしておかないと毛穴に細菌がたまり、白いニキビ状の物が出来たりします。

 
  • 髭の永久脱毛をする
最近では髭の永久脱毛という選択もあり、髭を生えてこなくさせることができます。

費用がかかりますが、綺麗にすることができるのが特徴です。

スポンサードリンク

効果的な処理方法はある?


  • 抑毛ローションを毎日塗る
直接的なケアではありませんが、埋没毛のケアには保湿が欠かせません。

乾燥していると肌にも良くないため、適度に保湿をしてケアしてください。

 

肌の状態が改善されると毛穴もしっかりと綺麗になってきます。

肌につやが出てくると、埋没毛の原因となる毛穴の詰まりや古い角質が肌に残らなくなってきます。

化粧水でも代用できますので、毎日続けてみて下さい。

 
  • スクラブ洗顔する
スクラブ洗顔とはざらざらした粒子が含まれた洗顔料のことで、肌の表面の角質や皮脂を取り除くことができます。

しかし普通の洗顔料よりも強い効果があるため、注意が必要です。

肌に合わない方もいますので、最初は洗顔力が弱いものから試してみると良いでしょう。

 
  • ピーリング剤を使う
聞き慣れない言葉ですが、ピーリング剤という角質や老廃物に反応して取り除く効果のある薬剤が市販されています。

石けんタイプの物や美容液タイプの物などありますが、思った以上に高額となります。

使い方が分からない方は一度、美容皮膚科などの専門家に相談された方が良いでしょう。

 

失敗例

自分で無理に直そうとしても逆効果なんてこともありますので十分に注意をしてください。
  • 顔のできものを潰してしまう
皮膚にできたできものやブツブツを潰してしまうと逆効果です。

皮膚が荒れる原因ともなりますし、余計に炎症を起こしたり、埋没毛を増やすことになります。

 
  • 電動脱毛機で抜く
むだ毛処理として購入されている方も多いと感じますが、脱毛機は無理矢理毛を抜いているわけで、毛穴にとっても皮膚にとっても良くありません。

埋没毛を引き起こす元になります。

 
  • 自分で治そうとしない
自分で何とか治そうとして、針などでつっつくのは問題外です。

毛穴を傷つけ化膿したり、炎症が起きると皮膚の病気を引き起こしますし、色素沈着が起きて肌の色が悪くなります。

黒ずみなどができる原因ともなるので、焦らずに時間をかけることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です