スマホ依存症が増えている 原因と対策まとめ

SPONSORED LINK

今では小学生からスマホを持つような時代になってきまして、

老若男女までスマホを使えるようになってきています。

 

スマホの依存症はアルコールやヘロインと同じような状態だと言われることがあり、

スマホの使い過ぎは危険だと危惧されています。

最近はスマホ依存症が増えています、その原因と対策などをまとめてみました!

スポンサードリンク

スマホ依存症とは?

スマホが手元にないと不安になってしまう症状がスマホ依存症です。

スマホがないと何も手に着かず、気になってしまい仕事や勉強に身が入らなかったりします。

たとえスマホを持っていたとしても外出中に電池が切れてしまったら大変です。

 

また特にゲームやSNSの更新状況が気になり、

料理をしている時でも、トイレの最中でも、お風呂場にも持ち歩きます。

勉強中にも関わらず、スマホがないと気になってしまい、勉強が進まなかったりします。

 

また睡眠中も同様で、夜中でも友人からの連絡やライン、Twitter、Facebookなどが気になり、十分に睡眠が取れなくなる症状が起こります。

ひどい場合には

睡眠が取れずに、翌朝起きれなくなったり、学業や仕事がスムーズに進まず気分まで落ち込んでくる原因となります。

そうなる前に予防できる対策が必要ですね。

スポンサードリンク

自分はスマホ依存症?チェックポイント

あなたのスマホ依存度はどのくらいなのかチェックポイントを確かめて見て下さい。

 
  1. スマホを忘れたり、電池が切れると不安になってしまう。
  2. 無意識のうちにスマホを触っている
  3. 大切なことがあっても常にスマホをいじっている
  4. スマホが使えないとイライラする
  5. スマホを持ったまま寝ている
  6. 財布がなくてもスマホがあると安心している
  7. SNSがないと友人と連絡が取れなくて困る
  8. 暇さえあれば用がなくてもスマホをチェックする
  9. 連絡は常にラインなどを使っている
  10. 自分の重要なデータがスマホの中に入っている
 

 

5つ以上当てはまる人は要注意です!

自分の依存度が高いかもしれないと思って対策しておくことがいいかもしれませんね。

こちらのアプリがおすすめです↓

スマホ依存症対策アプリ「タイマーロックtimerlock」使い方


スマホ依存症の対策を教えて

  • スマホを使う時間を決める
仕事や勉強中にはスマホを使わないなど時間を決めておくだけも随分違います。

 
  • マナーモードにする
寝る際などには、音がならないようにするだけで効果があります。

スマホを気にする原因に着信音がきっかけとなる場合が多いです。

 
  • スマホをカバンの中に入れる
手元にあったり、ポケットに入れているとやはり気になってしまうものです。

カバンに入れることにより、メリハリが付きダラダラと使うことも予防できます。

 

上記の3つを行うだけでも随分と依存症から抜け出すことができます。

少しずつできることから取り組んで見て下さいね!

まとめ

スマホ社会になってきた今日では依存というより、スマホを使うことが日常的になってきました。

一概にスマホを使うことが悪いことではなく、依存状態になってしまうことが危険な部分です。

 

恋愛中の方であれば

大好きな人からの連絡はいつでも気になって待ってしまう気持ちも分かります。

ゲームに夢中になっている人であれば、

オンラインゲームで更新状況が気なると思います。

 

今後はスマホをどのようにして使うかが重要であって、スマホを便利につかって生活をより良くして行くことが大切ですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です