お盆玉って知ってる?起源、風習と相場をご紹介

SPONSORED LINK

「お盆玉」という言葉を聞いたことがある方はいますか?知っている方も、知らない方も多いでしょう。

お盆玉とはいったい何か、起源や風習、相場をご紹介いたします!

スポンサードリンク

お盆玉とは?

お盆玉(おぼんだま)はお年玉と同じように、お盆の休みに孫や親せきの子どもにあげる小遣いのことをいいます。

お盆の時期だからこそ、帰省して久々に親せきに会われる方も多く、そこで何かをあげたいと思う気持ちは全国どこでも共通のようです。

 

お盆玉とは誕生してからまだ日が浅く、2010年に生まれた造語です。

もとは郵便局が「お盆玉用ポチ袋」を販売したことがきっかけとなっていますが、それだけお盆の時期にお小遣いを渡すことは一般的になりつつあるようですね。

確かに私も子どものころに、祖父母から小遣いをもらった記憶があります。

そして、ポチ袋には可愛くひらがなで「おぼんだま」と書くのが一般的です。

こちらの動画が参考になります↓

お盆玉(おぼんだま)とは!?お盆玉の相場は?


お盆玉の起源は?

お盆玉の起源はいったいなんでしょうか?

調べていくと発祥は江戸時代で、山形県の一地区が始まりと言われています。

その地区では夏になると労をねぎらって、子ども達へ衣類や下駄を渡す風習がありました。

その風習は次第に各地へと広がって行きます。

 

そしてそのうち衣類や下駄等の物を渡していたのが変化して、小遣いを渡すようになったと言われています。

いまでも小遣いではなくて、玩具をプレゼントしたり、リュックやバッグなど色々なケースがあるようですので、現金にこだわる必要もないと感じます。

 

ただあげる際にはどんなものが良いのかしっかりと親さんにも聞いておくのが良いでしょうね!

風習から考えると生活必需品や勉強に関するものをあげるのが良いかもしれません。

スポンサードリンク

どんな風習?

昔からお盆の時期には実家に帰り、墓参りをするのが一般的ですね。

久しぶりに帰ってきた家族や親せきにはごちそうを振る舞ってもてなしていました。

そこで物を渡したりして、話しを咲かせながら実家で有意義に過ごすことも醍醐味の一つでもあります。

 

そして「お盆玉」ではただ現金を手渡しするのではなく、お年玉のようのポチ袋に入れて渡すのが作法です。

またお盆玉を渡す時期は8月12日〜16日のお盆の時期となります。

相場を教えて

お盆玉の相場はいくらなのでしょう?

各家庭やその人によっても金額に違いがあるとは思いますが、

だいたい一般的な金額としては小学生なら3千円〜5千円程度でしょう。

 

そして中学生以上であれば5千円〜1万円程度で、

高校生であれば1万円程度と言われています。

 

ですが、これは目安ですので家族で相談して決めるのが良いでしょう!

あまりあげすぎても困ってしまいますし、気持ち程度でも良いかもしれません。

 

現金で渡しづらい場合等には、図書券などに変えてから渡すと気持ちが良いかもしれません。

「お盆玉」は今後、普通に使われることばとして広がりそうですので、しっかりとチェックしておいて下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です