エアコンの電気代が気になる!効果的な節約方法を教えて

SPONSORED LINK

暑い夏の時期を乗り越えるにはエアコンが欠かせないものですよね。

窓をあけられないような環境に住んでいる方も多いはずです。

そんなエアコンを使っていて気になるのは電気代です。

スポンサードリンク


快適に暮らしたいけど、電気代や安く抑えたいものです。

そこで、エアコンの効果的な節約方法にはどんなものがあるのかご紹介したいと思います。

 コチラの動画が参考になります↓

動画de節電|夏の省エネ節電術~エアコンの電気代を節約しながら涼しく過ごす方法Vol.1~


設定温度は?

エアコンは8畳用で一日つけたままにすると300円ほどの電気代がかかると言われています。

最近では電気代を抑えたものなども発売されていますが、電気の消費が低いものは販売価格も高くなっています。

エアコンの設定温度は1℃温度を下げたり、上げたりするだけで年間670円もの電気代の差が生まれてきます。

 

夏にエアコンを使用する際の設定温度は28℃がオススメです!

そして冬には20℃にするのが良いでしょう。

風量は?

 
エアコンの風量は弱よりも強風の方が省エネになります。
 

風量が弱であると部屋を涼しくするまでに、時間がかかってしまい、余計に消費電力が上がってしまいます。

設定温度の早く到達したほうが消費電力を抑えることができます。

 

また風向きはできるだけ水平にすることで、冷気が床面にたまることを防ぎ、お部屋の中を効率よく冷やすことができます。

設定にある自動モードを使っていない方は、ぜひ活用してみて下さい。

 

自動モードは外気との温度差を検知して最適な方法で部屋の中を適温にしようとしてくれますので、

一番省エネで消費電力も少なくなります

スポンサードリンク

ドライと冷房でどのくらい電気代が違う?

ドライと冷房では何がちがうのか気になりますよね。

ドライは部屋の湿度を下げる機能でじめじめした部屋から水分を追い出すことができるものです。

冷房は温度を下げることを目的としていて、ドライは湿度を下げることを目的としています。

 

ドライでも2つの方法があり、

 
弱冷房除湿が一番電気代を安く抑えられます。
 

冷房はその次に安く、一番高いのは再熱除湿という方法になります。

部屋を涼しくさせたい場合には、普通に冷房を使い、雨の日などじめじめする日にはドライを使うと効果的ですね。

スポンサードリンク

扇風機も併用した方がいい?

扇風機は電気代も安くエアコンの1/5と言われています。

また扇風機を併用することで、部屋の空気が効率よく対流し、よりはやく部屋を涼しくさせることができます。

エアコンを28℃の設定にして、全然涼しくならないと感じる方は扇風機を併用するのがオススメです!

 

また扇風機を置く場所は、エアコンから対角線上の反対側に置いたり、

直接人に当てたりするとよく、体感温度を2〜3℃下げることができます!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です