夏バテの解消法を教えて!症状と解消法をご紹介

SPONSORED LINK

暑くなってくると毎年起こってくるのが、夏バテです。

暑さに負けて身体がだるくなったり、お腹を下したり、体調の悪い日が続いくと辛いものですよね。

そんな夏バテの症状や解消法をご紹介いたします!

スポンサードリンク

夏バテの原因と症状は?

夏の暑い環境にいると沢山の汗をかき、身体の自律神経が体温を一定に保とうと働いています。

このような高温の環境の中で生活をしていると、自然と体力を消耗して、身体にも負担がかかるものです。

身体に十分な栄養と水分が補給されないでいると、体温が上がる状態が続き、それが原因となって身体がだるく感じてきます。

 

また頭痛が起きたり、フラフラしたり、消化が悪くなり下痢をしてしまったりと、夏バテの症状が出てきてしまいます。

夏バテになると、行動する意欲がなくなり、どこにも行きたくなくなってきますし、何かをしようという意識が薄れてきます。

せっかくの夏を楽しむためにも、夏バテに負けずに元気に過ごす方法を取り入れたいですね。

スポンサードリンク

食事で解消したい!どんな食事を摂れば良いの

夏バテを解消するには、どんな物も好き嫌いせずに沢山食べることだと言われます。

夏バテに効果的な成分があり、

ビタミンB1とビタミンB2とクエン酸です。

夏はどうしてもつ冷たいジュースやアイスばかりを食べてしまうことが多いですが、そうしたものでお腹をいっぱいにしてしまうのは危険です。

ビタミンB1、B2が多く含まれる食材としては

 
豚肉 ・レバー ・豆類 ・豆腐 ・うなぎ ・いわし ・ゆず
 

などと言われています。

またビタミンB1、B2はニンニク,ネギ、ニラ、たまねぎなどと一緒に食べることでより吸収できると言われています。

こう考えると、レバニラ炒めなどは夏バテを防止する最適な食べ物と言えるでしょう!

 

また夏バテを防止する為には、酸っぱい食べ物も効果的です。

酸っぱい食べ物は身体の中をスッキリさせて、活力を与えてくれます。

 
お酢 ・ゆず ・グレープフルーツ ・レモン ・梅干し
 

などです。

酸っぱいものは身体の疲れを取ってくれる働きもありますので、少量で良いので毎食事にと入れるようにするだけで、違いが出てきます。

コチラの動画も参考になります↓

うまもん漬物で晩ごはん たくあん、塩分•水分補給で夏バテ防止!


運動で予防したい!どんな運動が良い?

夏バテ防止に意外と知らない方が多いのですが、適度な運動は身体の中を活性化させることができ、とても効果があります。

それはそうですよね、毎日冷房の聞いた部屋へゴロゴロしながら、一日中TVを見て生活していたら、体調を崩す原因ともなります。

過度な運動は身体に負担をかけてしまうので、無理せずに続けられる運動で良いでしょう!

①サイクリング

私がオススメするのはサイクリングです。

サイクリングはスピードも出るため、風を受けながら走ることができ、比較的涼しく運動ができます。

コースの中にアップダウンを取り入れれば、相当な運動量にもなりますし、何よりも無理なく続けることができます。

通勤や通学を自転車にするだけでも随分違いがでます。

②スイミング

プールにいくことが出来る方には、オススメです。

泳げないという方でも大丈夫です。

泳がなくても水中を歩くだけで、通常の歩行よりも負荷がかかり運動効果があります。

何よりも水に触れることで気持ちよく運動できますね!

③ウォーキング

歩くことは人の身体にとっても良い効果があります。

一日30分歩くだけでも違いがありますので、少しの時間があれば取り組んでみて下さい。

走らなくてもゆっくりとしたペースで大丈夫です。

また運動する時間帯も炎天下の暑い時は避けて、明け方や夕方の比較的涼しい時間帯を選ぶと良いですね!

まとめ

食事や運動など色々な方法で夏バテを予防できることが分かりましたが、何よりもまずしっかりと睡眠を取り、しっかりと食事を食べることが大切です。

甘いものや冷たいものを身体の中に多く取ることは、身体にとっては負担となりますので注意してくださいね!

生活を整えて、暴飲暴食を避けるだけでも夏バテ防止となりますので、ぜひ取り組んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です