自転車講習制度について教えて!対象年齢は?罰金はいくら?

SPONSORED LINK

2015年6月1日より道路交通法が改正され、自転車に乗る際には傘を差しても、

スマホを片手に走行しても罰金という厳しい法令に変っていまます。

対象年齢や罰金についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

自転車講習の義務化とは?

自転車運転者講習制度の受講が義務化となりました。

これには自転車の危険運転が年々増加している背景があり、危険行為として14項目もうけられています。

自転車運転者講習制度は誰もが受けないといけないものではなく

 
「3年以内に14項目さだめられているうちの危険行為を2回以上行った者」
 

と定められています。

もし講習を無視して受講しなかった場合には5万円以下の罰金が科せられます。

コチラの動画も参考になります↓

きょうから施行 悪質な自転車運転者に講習へ


対象年齢は?

自転車運転者講習制度には

14歳以上(中学2年生以上)が対象となっています。

ただ年齢が幼い子はルールを守らなくても良いといっている訳ではありません。

 

小さなうちからしっかりと交通ルールを守れるようにしておかないといけませんね。

この法令が施行され、学校等でも自転車の乗り方や交通ルールを伝える時間を特別に設けて講習を行っているようです。

スポンサードリンク

どんな違反行為をしたら罰金なの?いくらかかる?


自転車運転者講習制度は手数料として5,700円かかります。
 

講習は約3時間かかり、

内容としては

小テスト、被害者及び被害者遺族の声、犯しやすい違反行為と危険性の疑似体験、感想文などです。

 

【自転車危険運転の14項目】
  • 信号無視
  • 通行禁止区間での運転
  • 歩行者専用道路における運転
  • 交差点右折時の優先通行車の進路妨害
  • 環状交差点の進路妨害や必要以上の速度による進入
  • 一時停止無視
  • 反対車線の運転
  • 歩行者を妨害する運転
  • 自転車が通行出来る区間内において歩行者を妨げるような速度での運転
  • ブレーキ不良による自転車運転
  • 踏切遮断時の進入
  • 泥酔運転
  • 優先道路通行者の妨害
  • 安全運転義務違反(傘さし運転、携帯電話の操作しながらの運転、自転車運転中のイヤホン使用)
 

スマホの使用や、傘さし運転、イヤホンをつけて音楽を聞きながら運転というのも違反行為の対象となっていますので、注意が必要ですね!

 

まとめ

自転車の運転はいままでも度々危険な行為をする人が多く、事故に繋がるケースが多くありました。

今回法令で厳しく規定が設けられたのも、全国で自転車事故が多発している背景があります。

 

自転車は手軽に乗れるものではありますが、ルールを守らなければ歩行者や自動車との接触事故に繋がってしまいます。

これを機に安全な交通ルールについて学ぶことができると良いですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です