ハグでストレス軽減 嬉しい効果のご紹介

SPONSORED LINK

ハグには驚くような効果が沢山あります。健康にもよく、最近では医療の現場でも注目されています。

そんなハグに隠された嬉しい効果についてご紹介いたします!

スポンサードリンク

ハグでストレスが軽減される?

ハグをすると脳内でドーパミンとセロトニンという2つの物質が放出されます。

安心感をもたらすセロトニンと快楽物質であるドーパミンが分泌され不安が和らぎ、落込んだ気持ちを抑えられる効果が得られます。

ハグをすると特にストレス解消となり、一日に30秒ハグをするだけで、一日のストレスの3分の1が解消されると言われています。

 

最近では医療の現場にも導入されており、ハグにより患者のストレスを軽減させる「ハグヒーリング」という方法が取り入れられています。

また抱きしめなくても手を繋いだり、身体を触れるだけでも効果があります。

コチラの動画も参考になります↓

【知ってた?】ハグの効果がスゴイ!!ストレス解消、免疫力UP、美容にも!


ハグとホルモンの関係

親しい人や大好きな相手をハグをすることで、愛情ホルモンとして知られる「オキシトシン」が分泌されます。

オキシトシンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、下垂体後葉から分泌されるホルモンです。

 

オキシトシンが分泌されることで、幸せを感じることができ、心から身体が休まるのです。

ホルモンのバランスが整うことで、免疫力がアップしたり、副交感神経が刺激されることで身体の健康状態も良くなります。

スポンサードリンク

不眠症にも効く?

ハグは不眠症にも効果があり、抱き枕が売れるのもこのことからでしょう。

人は何かに抱きついたり、ハグをすることで安心感を得ることができ、もちろん抱き枕よりも異性や大切な人であると効果が絶大です。

 

一人暮らしで、一人で眠る方には不眠症の方の割合が多い傾向があり、誰かと一緒に眠ることで安眠できることがあります。

もし不眠症が続く場合には、大切な相手とハグをして十分に癒されてから眠ると良いでしょう!

健康にも良い?

ハグをしてホルモンが分泌されたり、心が休まることで健康状態が良くなります。

また現在は認知症予防にも効果があると言われており、ハグには記憶力を高める力があります。

また人肌に触れることで血行がよくなり、肌の調子もよくなるという美容面での効果もあります。

 

日本人は海外の人に比べると、ハグをしたり抱き合ったりという習慣が少ないようです。

照れくさいのもあるかもしれませんが、大好きな方や家族の方と抱き合うことで健康状態が良くなることが期待されていますので、

ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

健康状態だけでなく、夫婦の仲も良くなったり、家庭が円満になる秘訣の一つでもありますね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です