方向音痴は治る?! その原因と治し方

SPONSORED LINK

男性の脳はよく地形を覚えるのに適していると言われています。

しかし方向音痴の方は男女共にいるもので、どこかへ出掛けたときや初めて行く場所などは、目的地にしっかりと到着できるか不安になってしまうものですよね。

そんな方向音痴の原因と治し方についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

方向音痴の原因は?

方向音痴の原因の一つには右脳の働きが関係していると言われています。

右脳は空間を認識する力や図形を認識する働きがあります。一般に男性の方が右脳が発達していると言われており、女性は左脳が発達していると言われています。

しかし方向音痴の原因は意外と意識にあるようです。

 

分からない場所でも誰かに聞けばいいやと思ったり、誰かについていこうという考えがあると、

道を覚えようとしないために周りを意識しなくなり、自然と道が分からなくなってしまいます。

また道を間違えたと思っても引き返さずに、そのまま進んでしまう方にも多いようです。

スポンサードリンク

治し方を教えて



・建物に注目する

一つの原因として周りをしっかりと見ないで歩いていることがあげられます。

何処にどんな建物があるのか、しっかりと覚えておくことが大切です。

方向音痴の人は動く物や、歩いている人に意識が注目してしまう傾向があるので、動かないような建物に注目をして覚えておくようにして下さい。

・地図を見るようにする

「2つ目の角を右に曲がる」などと言葉で覚えようとせずに地図を見たり、スマホのアプリを使ってみるのも良いでしょう。

また太陽の位置を考えていま南に進んでいるなどと分かるとより良いですね!

・スマホで写真をとって記録

私がオススメする一番の方法です!

曲がり角に差し掛かったら、スマホで写真をとっておいて下さい。

 

そうすると何処を曲がったのか、この場所に来たんだなといういうことを記録できます。

お店など、珍しいものがあれば撮影するようにしてもいいですね!

こちらのアプリがおススメです↓

【 いつもNAVI [マップ] 】サービス紹介┃ゼンリン最新地図の無料地図アプリ(iOS向け)


脳との関係は?

方向音痴は決して脳の病気等ではありません。

人間には右脳と左脳には働きが違う部分があり、右脳には空間を認識したり、全体を見る力や、想像する力があります。

 

一方、左脳には話す力や分析する力、推測する力があると言われており、右脳が発達していると道に迷わないと言われています。

腕組みをしたときに、右腕が上がる人には左脳の働きがよく、左腕が上にくる人は右脳の働きが良いと言われています。

共通する性格がある?

何事も人任せにしてしまう人に方向音痴は多いようです。

面倒臭がらずに事前に地図を見たり、場所を覚えたりしておくことが大切です。

また何とかなると思って突き進んでしまう人にも、道に迷ってしまう方が多いものです。

 

道が分からないなと感じたら、いったん足を止めて周りを良く見ることが大切です。

焦らずに時間に余裕を持てば、いったん引き返すこともできますので、ゆっくりとした気持ちで進んで行って下さい。

方向音痴だと落ち込ます、些細なことから確認して覚えておくことで、治すことができますので、ぜひ実践してみてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です