大和言葉が復活している 意味と起源を教えて

SPONSORED LINK

日本には漢語外来語、そして古くから残っている「大和言葉」の3つが存在しています。

人と話しをしていて気品を感じる方がいるなとか、この人は育ちがいいのではないか?と感じてしまう言葉の使い方があります。

スポンサードリンク


その殆どが大和言葉に含まれており、美しい国ニッポンに残る大切な言葉と言われています。

そんな大和言葉が現在見直され、復活しています。

大和言葉の意味や起源をご紹介いたします。

大和言葉とは?

太古の昔に私たちの日本で生まれた日本固有の言葉です。

よく英語に直訳できないと言われる言葉にこの言葉が多いのも事実です。

もともと大和(日本)には文字が無かった為、中国の王朝から漢字や漢語が入ってきます。

 

その中で日本語とは三種類に大きく分かれてしまいました。

漢語と外来語と大和言葉です。

漢字には「訓読み」「音読み」の2つがあります。

 

読み方がなんで違うんだろうと、疑問に思う方が多かったのではないでしょうか?

音読みで読まれる言葉は漢語です。

そして訓読みの言葉が古くから日本に残っている大和言葉です。

 

「山」という漢字でもヤマと読めば大和言葉、サンと読めば漢語になります。

中国では山と書けば同じ意味で通じますが「ヤマ」と発音しても意味は伝わりません。

日本語が世界の中でも理解することが難しいと言われるのは、こういった理由からなのかもしれません。

起源を教えて

大和言葉の起源とは不明な点が多く、現在でも大学の研究者などによって調べられており、色々な説があります。

日本語の大和言葉は世界にも類を見ない独特な言語であり、ユーラシア大陸の言葉とも違います。

 

緻密なことばが作られるまでには何百年の月日がかかると言われており、

古くから日本人の心や感情を表現する為に受け継がれてきたものと考えられています。

 

奈良時代には古事記、日本書紀、万葉集が書かれましたが、すでにこの時点で漢字が含まれており、

大和言葉は残っていますが、起源を知ることは難しいのです。

謎が多い大和言葉にはより魅力を感じ、大和言葉を調べることに情熱を燃やす人も多いのです。

スポンサードリンク

使うと便利な大和言葉

  • いざない – 人を誘ったり、お招きする。異性との心のふれあいに使われます。
  • あでやか – つやがある、色っぽいこと。
  • りりしい – しゃきっとして、男っぽい。
  • しらべ – 音の響き、音の振動。
  • こころくばり – 周りと自分の気持ちの行き来。
  • たおやか – しぐさがゆっくりとしていて、しなやかで優しい。
  • おくゆかしい – 立ち振る舞いに心配りがされていて、引き付けられる。
  • しなかや – うつくしく。やわらかく。張りがある。
  • ときめく – 喜びもえいで、心がゆれる。
  • しおらしい – 控えめで、慎み深い。
  • ごきげんよう – 会った時と、別れる時に相手の健やかさを願う挨拶。
  • うるわしい – 気持ち、姿、形にフル老いがあり、美しいこと。
ここに上げた言葉に以外にも沢山の大和言葉があります。

よく耳にする言葉もあれば、あまり聞いたことがないようのものまであり、

一つ一つ読み返すだけでも心が清々しい気持ちになってきます。

 

格式張った席などでは司会者などもこういった言葉遣いをしているのをよく耳にします。

こちらの動画も参考になります↓

言葉は民族のDNA 〜昔の人は心が豊かだった〜 【CGS 縄文のコトダマ 第1回】


大和言葉を使うと魅力がアップする?

最近は「超すごい」「マジやばい」といった言葉が若い人たちの間で沢山使われるようになってきました。

「超おもしろい」は大和言葉に直すと「このうえなく面白い」になります。

平安時代に戻ったような雰囲気ですね。

 

好きな人がいることを伝える場合には「心を寄せる人がいます」といいます。

大和言葉を使うことで、言葉に気品が出てどことなく丁寧な相手に嫌なイメージを与えない印象になってきます。

大和言葉は言霊といわれる音を大切にしている言葉です。

 

ぜひ声に出して言葉の一語一語を感じ取りながら話して見て下さい。

きっと貴方の魅力もアップするはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です