花菖蒲の育て方と名所を教えて

SPONSORED LINK

6月頃になると菖蒲の花が見頃になり、とても綺麗な花を咲かせてくれます。

花の形だけでも5,000種類あり、その歴史は戦国時代までさかのぼる日本で古くから親しまれてきた花であります。

そんな花菖蒲の育て方や名所をご紹介いたします。

スポンサードリンク

花菖蒲とは

まずよく間違うのは「菖蒲」と「花菖蒲」と「あやめ」は違うということに注意しておいてください。

「花菖蒲」ハナショウブはアヤメ科アヤメ属の多年草です。

また花菖蒲は園芸種であり、6月に大きな花を咲かせます。

 

花の色には白、桃色、紫、青、黄色などがあり、大別すると江戸系、伊勢系、肥後系、長井古種の4系統に分類できます。

よく菖蒲湯に使われる菖蒲はこれまた別物です。

花菖蒲は葉っぱが菖蒲に似ていて花を咲かせることから付けられました。

 

菖蒲の葉っぱは剣のようであり、あの昔話に出てくる「鬼ばばあ」を撃退することに使われたものと言われています。

花菖蒲の育て方

ハナショウブは地面に着いてしまえば簡単育てることができる植物で、株分けや植え替えをすることで上手に育てることができます。

ハナショウブは水生植物と思われる方が多いと思いますが、実はあれは綺麗に見せる演出であり、畑などで管理するものです。

庭等に地植えにするとよく、庭土にそのまま植えることで十分に育ちます。

 

乾燥し過ぎると株が弱りますので、水やりは毎日行って下さい。

元肥は与えず、追肥を繰り返して行きます。

最も重要なのが株分けです。

 

2〜3年ごとに必ず、株分けと植え替えを行います。

株分けのタイミングは花が見事に咲き終わった後です。

刃物を入れて切り分けていき、違う場所で植えることにより、また大きな花を咲かせてくれます。

スポンサードリンク

全国の名所を教えて

ハナショウブに関する公園や菖蒲園などは全国でもかなりの数があり、ここに列挙できない程です。

その中でもオススメの名所をご紹介いたします。
  • 北海道〜長沼花菖蒲園

約500種類の花菖蒲が250万株あります。

花見頃は7月上旬〜8月上旬までです。

入園料は中学生以上500円

 

敷地はとても大きく1万2千坪の大庭園があります。

一面が淡い紫を敷き詰めたかのようになり、来場者を楽しませてくれます。

 
  • 秋田〜阿仁町花菖蒲園

東北で一番の花菖蒲園といわれ約300万株200種類の花菖蒲があります。

見頃は7月上旬〜7月下旬までです。

 

JR秋田内陸縦貫鉄道荒瀬駅より徒歩15分です。

入場料は大人210円、子供50円

 
  • 東京〜明治神宮

意外と知らない方が多いので穴場です。

1500株程ではありますが、都内でも自然豊かで綺麗な花菖蒲を見ることができます。

元々明治天皇の思し召しにより植えられた花菖蒲であり、ゆかり深いところでもあります。

 

見頃は6月ころです。

入場には500円かかりますが、見事な花々が咲き誇ります。

 
  • 静岡〜加茂荘花鳥園

1000種類100万株の花菖蒲が栽培されています。

古くからの品種が見れ、庄屋屋敷と花菖蒲が織りなす景観は必見です。

江戸時代中期の風景がそのまま残っている場所です。敷地は広大で1ヘクタールあります。

 
  • 長崎〜花菖蒲園 大村公園

日本有数の花菖蒲園として知られており、10万株171種類の花菖蒲を見ることができます。

玖島城跡の外堀に咲く色とりどりの花菖蒲は、城跡の石垣や板敷櫓の白壁と見事に調和し、たいへん風情があって見応えがあります。

花見頃は6月中旬までまた、公園周辺には武家屋敷(大村藩)街の面影を伝える石垣や白壁が今でも町並みに見られます。

こちらの動画も参考になります↓

水郷佐原水生植物園・花菖蒲2010.06(HD)

花菖蒲のまつりはある?

各花菖蒲園でおまつりは行われています。

ちょうどアジサイの時期と重なるため「アジサイ花菖蒲まつり」として行われる場合も多いようです。

神奈川県にある小田原城では毎年「小田原城あじさい花菖蒲まつり」が行われています。

来場者向けにコンサートや夜はライトアップなどが行われ、とても綺麗に花が咲き誇ります。

 

花菖蒲は江戸時代から日本の各地で、地域ごとに独自の品種改良が行われ現在は2,000種類にものぼります。

こんなに綺麗な花々が見られるのも先人の方の苦労があってからこそです。

そんな歴史を噛みしめながら観覧してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です