富士登山初心者向けの準備、ツアーについてご紹介

SPONSORED LINK

登山はとても人気なレジャースポーツで、日本でも約500万人もの人が登山を楽しんでいると言われています。

その中でもやはり一番人気な山が「富士山」です。

毎年、富士山を登る方も増えていて、2013年には世界遺産に登録されました。

スポンサードリンク


今後もさらに注目が高まり、観光客等も増えますが、富士登山をしたことがない方は頂上まで登れるのか不安に思うことも沢山あると思います。

そんな富士山初心者向けに準備はどうすればいいのか、ツアーはどんなものがあるのかご紹介いたします。

 富士登山初心者向けの準備

富士山は初心者でも十分に登れる山として知られていますが、何の準備もせずに登山しようとするのは問題があります。

最近は富士登山の人気が高まり登山者が急増しましたが、「ハイヒール」や「スーツ姿」で登ろうとする方がおり、遊び感覚で登山をしようとされる方がいます。

昨年の平成26年だけでも24件の事故が起こっており、8名の死亡事故と1名の行方不明者が出ています。

しっかりとした準備を怠ると身に危険が降り掛かる原因となってしまうので、事前の準備は必須ですね!

富士山登山のシーズンは7月上旬〜9月中旬までで、その他の期間は登山しないようにして下さい。

積雪期には全く身動きが取れない程の雪が降りますので、慣れた方でも危険です。

必要な装備は?

登山前には必要な服装と荷物について十分に準備をしておいて下さい。

慣れた方にアドバイスをもらったり、登山用品店の店員さんなども教えてくれますので気軽に尋ねてみて下さい。

【服装】

  • 防寒ウェア
フリース、ダウンなど夏でも持って行きます。山頂付近は相当寒いです。

夏だからと言って間違っても半袖で行くことが無いようにして下さい。

気温は100m上がる毎に0.6℃下がります!
  • 帽子、キャップ
富士山では日差しもかなり強く帽子があると熱射病予防、または日焼け防止にもなります。

自然と直射日光を浴びているだけでも、体力が消耗され疲れやすくなります。
  • 靴下・ソックス
靴下は多めに5足ほどあっても良いでしょう!

汗をかいてそのままにすると足が痛くなったり、疲れの原因となります。

雨天時のことを考えると少し多めに持っていくことをオススメします。
  • グローブ、手袋
軍手で行かれる方もいますが、登山用のグローブは防寒にもなり、岩等に手を着いた際もしっかりと皮膚をガードしてくれます。

また軍手などだと水に濡れるとすぐに使えなくなってしまうので、防水の物を選ぶと良いです。

【その他】

  • サングラス
サングラスはあった方が良いです!

意外と皆さん持って行かれない方が多いサングラス。

上級者の方はみなさん携行しているものです。

富士登山では強烈な日差しと紫外線が降り注ぎます。

サングラスを着用することで、視界も良くなり安全に歩行できるようになります。
  • フットスパッツ
靴の中に小石が入ることを防いでくれたり、ズボンの裾をしっかりとガードしてくれるものです。

特に下山道ではハイカットの靴を履いていても、小石が靴の中に入ってきます。

フットスパッツがあると便利です。
  • ストック・ステッキ
トレッキングボールと呼ばれており、登山で使う杖のことです。

歩行時、足場が悪い場所でも身体を安定させることができますし、年配の方には必須のアイテムです。

素材や持ち手の形状など多種多様なものがありますので、実際に店頭等で使ってみて選ばれるのが良いでしょう!
  • 日焼け止めクリーム
女性には必須のアイテムです。

山で日焼けをしてしまう方は案外に多いものです。

首や手足などにもしっかりと塗っておくと良いです!

スポンサードリンク

注意点を教えて

富士山は世界遺産に指定されていると共に、国立公園特別保護地区となっています。

自然を保護するために厳しい規制がありますので、マナーを守って下さい。

・植物の採取は禁止です

富士山では綺麗な草花があったとしても、花や実を取ったりすることはできません。

昆虫も同様です。

また登山道以外の道を歩くと自然を壊す原因にもなりますので、指定された道以外は歩いてはいけません。

・溶岩や石の持ち出しは禁止です

意外と知らない方が多いのですが、記念に溶岩を持ち帰ろうとされる方がいますが、これも禁止です。

毎年、何万人という人が富士山を訪れています。

1人が1つの溶岩や石を持ち帰ったとしたら、どうなるか皆さんも分かりますね。

安易に持ち帰らないようにして下さい。

・落書きは禁止です

建物はもちろんのこと、岩や石への落書き行為や、名前を掘ったりする行為も禁止です。

・テントの設営やたき火の禁止

富士山ではテントを設営することはできません。

休憩時には山小屋を利用するようになっています。

またカセットコンロやバーナーでお湯を沸かしたり、食事を作ることも禁止されています。

・ペット等の放し飼いは禁止です

基本的に富士登山の際にはペットを連れて行かない方が良いです。

山小屋にも入れませんし、大切なペット自体にも悪影響が出てしまいます。

・ゴミは持ち帰る

最低限のマナーですが、ゴミは必ず自分で持ち帰るようにして下さい。

こちらの動画も参考になります↓

【富士登山】ツアーの様子・初心者のツアー登山のポイントをお届け


初心者向けツアーのご紹介

各種旅行会社で富士山登山ツアーが企画されています。

初心者向けのツアーでは地元のガイドがしっかりとレクチャーをしながら山頂まで同行してくれます。

ご来光をみるプランが一般的で、5合目からの出発や6合目からの出発など分かれています。

また登山道具の一式をレンタル出来るプランもありますので、登山はなかなかされないという方でも気軽に参加することができます!

おススメのツアーはこちら

富士登山ツアー2015 | はとバス

また山頂に登頂した際には、言葉には出来ないほどの感動があるものです。

ぜひ一生に一度は登ってみたいものですよね。あなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です