新盆とは?読み方と意味をご紹介!

SPONSORED LINK

新盆とは人が亡くなった後に、初めてくるお盆のことを言うようですが、色々な言い方があるようです。

社会人のマナーとしても、ちゃんと覚えておきたいものですよね。そんな新盆の読み方と意味を解説いたします!

スポンサードリンク

 新盆とは?

新盆(しんぼん)とは故人が亡くなって四十九日の後にくる、お盆のことを新盆といいます。

新盆と書いて「にいぼん」「あらぼん」と呼ばれたり「しんぼん」と呼ばれたりするようです。

読み方が変っても意味は同じであり、もとを辿ると地方特有のなまりや方言から来ているようです。

新盆は、故人の霊が初めて帰ってくるお盆であり、家族や親族などや故人と親しかった方を招いて、手厚く供養するものです。

いつ頃?

お盆の時期は



7月15日または8月15日ころです。



お盆とは先祖の霊を祀るために行われる行事であり、仏教の「盂蘭盆(うらぼん)」「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が元になっています。

初盆・新盆は忌明け後に初めて迎えるお盆のことをさします。

喪の期間が明けたことを忌明けと言い、一般的には



四十九日の法要を終えると忌明けとされます。



お盆の時期にまだ忌明けが済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行われます。

お盆の際には提灯を飾りますが、12日頃から飾り付けをします。

地域によっては月初めから飾るようですが、あまり早いのもおかしく感じてしまいますので注意してください。

そして16日には片付けるようにして下さい。

これも出したままにしておくのは、よくありません!

お盆に関する記事はこちらもどうぞ↓

夏越の祓 京都 2015 時期と由来は?祓を行う神社は?

潅仏会 (釈迦の誕生日)とは?どんなことをするの?

新盆と初盆の違いは?

関東でも新盆(あらぼん)と呼ばれていたり、新盆(にいぼん)と呼ばれたりと様々であります。

言葉は違っても意味は全く同じで、地域によっても呼ばれ方はバラバラです。

これと言った正しい答えは無いようですので安心してください。

これには宗派の違いも関係なく、最初にどう教えてもらったのかが影響しているようです。

あまり言い方に神経質にならなくても大丈夫ということですね!

スポンサードリンク

新盆の盆提灯とは?

盆提灯(ぼんちょうちん)



先祖の霊が提灯の灯りを目印に戻って来られるように飾る



と言われています。



13日には迎盆といい、先祖の霊が家に帰ってくる日になります。



夕方門口で麻の茎を焚いたり、玄関に提灯を下げるなどして、迎え火をつけておきます。

お盆に使われる盆提灯には白提灯と絵柄の入った提灯があります。

初盆・新盆用には「白い提灯」を飾ります。

白い提灯は1つあれば十分で、軒先や玄関先などに飾りましょう。

お盆が終わったあとの白提灯は、送り火で燃やしたり、お寺に相談されると良いです。

新盆・初盆を迎える年には僧侶を招き法要するのが一般的です。

この時期は込み合いますので、お寺には早めに連絡をしておいて下さい!

最低でも1ヶ月前までには予約をしておくと良いでしょう。

また親せきの方や招く方にもあらかじめ連絡をしておき、必要であればハガキ等を送っておくと良いです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です