長引く夏風邪 早く治す方法と予防法をご紹介!

SPONSORED LINK

夏風邪は長引くことが多く、なかなか治らないことがあります。

夏に高熱が出ると辛いものがありますね、早く治す方法と予防法についてご紹介いたします!

スポンサードリンク

 夏風邪の症状とは?

夏だからと言って薄着をして冷たい物をドンドン食べている方がいますが、身体を必要以上に冷やすことは実はよくないのです。

人は適度な体温が大切で、冷やしたり屋外の熱気に当り、温度差の環境を繰り返すと風邪を引きやすくなります。

夏風邪の症状としては、下痢や頭痛という胃腸にくる症状が多いです。

喉の痛みや咳、発熱等と合わさって腸内の症状は辛いものがありますね。

夏風邪が中々治らないことがありますが、汗を多くかくことが一つの原因でもあります。

布団や衣類に着いた汗はウィルスにとっては、とても居心地のいい場所であり、そこから感染が広がることがあります。

また夏の気温はウィルスにとっては活動しやすいものであり、高温多湿の環境がウィルスを増殖させています。

こちらの動画を参考にして下さい↓

夏風邪の恐怖


早く治す方法は?

夏風邪を治す方法は自然に回復を待つしかありませんが、しっかりと睡眠をとり、身体を休めることが大切です。

早めに治す方法は、清潔な環境にいることです。

衣類をこまめに洗い、布団のシーツなども洗います。

そしてしっかりとお風呂に入り身体を清潔にすることが大切です。

よく風邪を引くとお風呂に入らない方がいますが、熱が高熱でなければシャワーだけでもした方がよいのです。

ウィルスは皮膚や髪の毛に付着していることがあり、しっかりと洗い流しておかないと常にウィルスを身体に入れながら治そうとするようなもので、悪循環になってしまうのです。

風呂に入ることによって、身体の新陳代謝がよくなり免疫力の回復にもなります。

スポンサードリンク

予防法を教えて


  • 手洗いうがいを習慣にする
手洗いやうがいは風邪を予防するために基本的なことです。

小学校の時から言われてきたことを思い出しますが、風邪の予防にはこれが一番効果的なのです。

外出から帰ったらうがいを丁寧にして下さい!
  • クーラーをかけすぎない
クーラーをかけすぎて、身体を冷やしすぎていませんか?

気温の差が激しいと身体に負担がかかり、体温調節のバランスが崩れてしまいます。

室温は28℃が最適と言われています。

オフィス等冷え過ぎる場合には薄手のジャケットを羽織ったり、ブランケットを使ってください。
  • マスクを着用する
風邪の菌は口や鼻から入ることが多いです。口元や鼻をよく触る癖のある方は要注意です。

周りの方に咳をさせれている方がいたり、自分の体調がいつもより優れないと感じるときには、こまめにマスクを着用して予防して下さい。
  • 目薬を差す
風邪のウィルスは目から感染することもあります。

目がかゆいからといって手でこすることもよくありません。

目薬で洗い流すようにしましょう。
  • 十分に睡眠を取る
風邪を引きそうになっても十分に睡眠を取ることで体調が回復することがあります。

風邪を予防する為には、8〜10時間は睡眠が取れると良いでしょう!

こちらもおすすめです↓

子供の熱中症による頭痛への対処法を教えて

頭痛の原因は食べ物!?頭痛中は避けておきたい食べ物と対処法

偏頭痛の対処法 試してみたい4つの方法

長引く夏風邪 早く治す方法と予防法をご紹介!

体がだるい?その原因と試してみたい2つの回復方法

まとめ

夏に風邪を引くと楽しい時期を逃してしまうことになりますね。

夏風邪を引かないためにも普段から食事や生活習慣を整えておく必要があります。

冷たいものを食べ過ぎず、睡眠をしっかりとり規則正しい生活をするだけでも大きな予防となります。

ドラッグストアでも市販薬が売られていますが、身体の調子がおかしいなと感じた際には早めにお医者さんに見てもらった方が良いでしょう。

また水分補給を適度に行って脱水症状にならないようにも気を付けてください!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です