鼻うがいの方法って?効果は?

SPONSORED LINK

毎年冬が終わるころになると、春にかけて花粉のシーズンが到来してきます。

花粉症の方は毎年悩まされる季節ですね。

耳鼻科に受診すると鼻洗浄というものをしてくれます。

鼻から専用の洗浄剤や生理食塩水を注入して、鼻腔内を綺麗にするものです

最近はドラッグストアなどでも、市販の鼻うがい薬が売られています。

鼻うがいについてはあまり知られていなく、

行っている人もまだまだ少ないのが現状です。

そこで鼻うがいの効果や方法についてまとめてみました。



 

鼻うがいとは

鼻うがいは鼻洗浄とも呼ばれます。

鼻から洗浄剤や生理食塩水を注入して、ホコリやウィルス、

また膿などの汚れを取り除く方法です。

直接液体を鼻注入しますので、最初は痛みを感じたりする方も

おられるようですが、慣れてくると痛みはなくなります

鼻から注入した液はティッシュで鼻をかんだり

うがいをして吐き出すのが一般的です。

特に洗浄液を買ってこなくても大丈夫なのです。

塩とぬるま湯だけで鼻うがいをすることができるので

やり方だけ覚えておけば、自宅で手軽にできてしまうんですよ。


どんな効果があるの?

慣れないうちは上手に洗浄液を鼻に入れることができず

難しいと感じてしまうかもしれません。

しかし慣れてくると鼻うがいを行うことで不思議なくらいに

のどの痛みや鼻詰まりが解消されます

 

ではどんな効果があるのかまとめてみました。



①鼻詰まりの解消

風邪気味になった際にも効果的で、鼻詰まりを予防することができます。

②鼻炎の改善

鼻炎で悩んでいる方は、定期的に行うことで改善されます。

副鼻腔炎の予防にもなるそうです。

③蓄膿症の改善

蓄膿症の治療としても鼻うがいは取り入れられており、

お医者さんも推奨している方法であります。

④花粉症対策として

鼻うがいを行うことで、粘膜についた花粉を洗い流すことができます。

とても効果的な対策なのです。



関連記事はコチラ

しもやけの治し方を教えて

 


鼻うがいの方法は?

用意する物はコップと200mlくらいのぬるま湯、そして洗浄液です。

専門の洗浄液がなければ、塩2g程でも代用できます。


  • コップの中にぬるま湯と洗浄液または塩を入れます。
  • 洗浄液または生理食塩水を鼻から吸い込みます。
顔は下に向けたまま、吸い込むと良いです。
  • ティッシュで軽く鼻をかみます。
あまり強くかみ過ぎると鼻の中が切れてしまうことがあるため、

優しくかむ程度にしてください。
  • 最後にうがいをして口の中を綺麗にすすぎます。


鼻に入れる部分が一番難しいと感じるかもしれませんが、

繰り返し行っていると慣れてきます。

スポンサードリンク

注意点

・鼻うがいをする際には、顔は下に向けたまま行います。

上を向いたり、左右に顔を振ったりしないようにして下さい。

・鼻をかむときは優しく行って下さい。

強くかんだ勢いで液が耳管に入ると、中耳炎の原因になったりします。

 

 コチラの動画も参考にして下さい。

鼻うがい(鼻洗浄)実践編

 



何よりも鼻うがいをすることで改善される症状が多くありますので

慣れるまでは上手にできないこともあると思いますが

鼻の症状にお悩みの方はぜひ試してみると良いかもしれません。

また鼻の症状が改善されない場合には、ぜひ専門の医療機関にご相談ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です