引っ越し先のあいさつ おさえておきたい4つのポイント

SPONSORED LINK

新しく引っ越した先で、まず済ませておきたいのが、

ご近所さんへの挨拶ですよね。

今回は、引っ越し先でのあいさつの関する4つのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

引っ越し先のあいさつは、いつするの?どの範囲まで?

2432b3cca19d8eef204dbb00efddd29d_m

あいさつは、できれば当日のうちに済ませるのがマナーです。

あいさつの範囲は、「向こう三軒両隣」が昔からの基本でしたが、

現在は、いろいろなタイプの住宅がありますよね。

たとえばマンションなら、上下左右のお宅、

小さなアパートなら同じフロアのお宅に、

というのが常識の範囲です。

共同住宅の場合は、管理人がいればあいさつが必要です。

また一戸建ての場合は、裏側でも庭に接しているようなときは、

顔を合わせることも多いので、あいさつをしておきましょう。

社宅の場合は、それほど大規模でない場合は全員に、

規模が大きいときは同じフロアの方々にあいさつをしましょう。

あいさつには、子どもも一緒に連れていくべき?

引っ越しのあいさつに行くときは、できれば全員で行ったほうが

顔を知ってもらう意味でもいいのですが、

基本的にはご近所と顔を合わせる機会がもっとも多い主婦が行けばOKです。

子どもがいる場合は、子ども同士のお付き合いもありますから、

同行して紹介しておいた方が、その後のコミュニケーションもスムーズになります。

引っ越しに「そば」の理由は?

引っ越しで「そば」を配る習慣は、

江戸時代末期からで、

「おそばに参りました」の意味と江戸っ子のそば好きが高じて定着しました。

引っ越しのあいさつは、簡単な自己紹介で手短にしましょう

c63e3ff82433ea03bff3e9fdfff20f3e_m

よく「どのようにあいさつすればいいか分からない」という人がいますが、

引っ越しのあいさつは簡単な自己紹介が原則です。



「こんど引っ越してきました○○です。よろしくお願いします」



という程度で充分です。

家族構成が何人で、ご主人がどこに勤めているかなどは不要です。

ただし、子どもがいる場合は、年齢や学校などを紹介しておくといいでしょう。

いつも留守。あいさつの品はどうすればいい?

夫婦が共稼ぎなどで、留守にしていることが多いお宅には、何度も出向いているうちに

時機を失してしまうことがあります。

そんなときは、あいさつの言葉と同じ程度の簡単な手紙とあいさつの品を添えて郵便受けなどに

入れておきましょう。

後日、改めてあいさつに伺えば、たとえ遅くなっても失礼にはあたりません。

まとめ

1

新しい引っ越し先では、すぐにご近所さんと仲良くなりたいですよね。

今回ご紹介したポイントを参考に、引っ越しの挨拶をしてみてください。

きっとすぐに打ち解けることができると思います。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です