髪だけじゃない!椿油のうれしい効果と使い方

SPONSORED LINK



椿油はヤブツバキの種子から採油されるもので、古くから髪に潤いを与えてくれる髪油の素材として利用されてきました。

また髪のお手入れ意外にも椿油にはスキンケアや美肌効果などあり、女性にとって嬉しい効能が沢山あります。

そんな椿油のうれしい効果と使い方などについてご紹介いたします。

スポンサードリンク


こちらの動画をご覧下さい↓

アロマキャリアオイル 椿油ができるまで!!


スキンケアの効果

椿油は皮脂に近いオイルであり、肌になじみやすく、皮脂が不足することによって起きる肌の乾燥を防ぐことができます。

柔らかくみずみずしい肌になることができる大切なアイテムです。

椿油に含まれるサポニンという成分には、抗菌作用やお肌の炎症を抑えてくれる働きがあります。

それに大人のニキビの根本的な原因は、乾燥からくる毛穴の詰まりです。

椿油には頭皮の新陳代謝を高め、毛穴に詰まった脂肪コレステロールを溶かす働きがあります。

椿油を塗って毛穴の奥にある老廃物を綺麗にしてあげることで、ニキビ予防につながるのです。

また天然の紫外線防止剤であり、シミやそばかすを予防にもなります。

椿油の主成分であるオレイン酸という脂肪酸は、人の肌の成分の40%がオレイン酸と言われており、馴染みやすく自然なものから抽出された成分であるからこそ安心して使える効果があります!

スポンサードリンク

マッサージの効果

椿油を疲れた筋力をほぐす際に利用するのも効果的です。

マッサージの時に使うことで、皮脂と混ざり合いやすく皮膚に馴染みやすいので血行を良くし、筋肉をしなやかにしてくれます。

肩こり、腰痛などの症状にも、患部やツボに椿油でオイル湿布をすると楽になります。

椿油を使ってフェイシャルオイルマッサージであれば一人でも手軽に行うことができますね!

定期的にマッサージを行うことで美白と肌の潤いを保ち、肌の張りやたるみを改善させ、顔のリフトアップ効果が期待できます。

お風呂上がりに化粧水を付けて、乾く前に椿油を3〜4滴手に取り顔全体に馴染ませていってください。

マッサージを行いながら、足りなくなれば付け足す方法で、肌にあった量をみつけてマッサージしてください。

食用油の効果

椿油は食べ物にも良いと知っていましたか?

椿油で揚げた天ぷらや唐揚げは、驚くほどに軽くサクサクと揚がります。

また天ぷら油は揚げてから時間が立つとしなびてしまいますが、椿油で揚げると他の植物油と比べて長い時間、カラッとした食感が保たれます。

また椿油に含まれているオレイン酸は血液中の悪玉コレステロールを減少させる効果があり、善玉コレステロールを増やすことになります。

まとめ

椿油は髪の毛だけでなく、肌のスキンケア、マッサージ、食用油としても効果的な万能な油ですね!

椿の種類は実はとても多く、世界中に6,000種類以上あります。

国内でも観賞用を合わせると約2,000種類以上あり、多種多様です。

その中でも椿油として用いられている椿は一種類であり、日本古来から自生している「藪椿(やぶつばき)」なのです。

椿は日本古来から愛用させれている美容品や万能薬であり、さかのぼると日本書紀や古事記にも記載があります。

効能があるからこそ、古くから使われていたと言っても過言ではないでしょう!

椿油をあなたの生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です