臭いアテローム 感染者は意外と多い その原因と予防法とは!

SPONSORED LINK

誰にでもできる可能性がある、アテロームは潰すと悪臭を放ちます。

またアテロームは独特な臭いがして、悩みの種となっている方が多いようです。

臭いが気になってから初めて気付き、病院に行かれる人もいるようで、アテロームについて知らない方も多いのが現状です。

どうしてなるのか原因や予防法についてご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

 アテロームとは

アテロームとは粉瘤(ふんりゅう)とも呼ばれており、最も多い良性皮膚腫瘍です。

一般的には「しぼうのかたまり」と呼ばれることがありますが、それは間違っており脂肪の塊ではありません。

皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。

つまむと中から白い物がでてくることがあり、独特な臭いがしてくさい物です。

子供から大人まで男女問わずになるもので、部位も全身にわたります。顔や首の後ろ、耳の後ろや背中等にできやすいと言われています。

原因は?

まれに外傷が原因となることがありますが、アテロームのほとんどの原因は分かっていないのが現状です。

なんらかの原因で角質物質が皮膚の内側に蓄積してしまい、角質物質の周りの皮膚が炎症して起こる場合もあります。

表皮の細胞が皮膚の中に入り込んで、皮膚の袋が作られてしまいます。

その袋に本来排出されるはずの老廃物が蓄積されおできのようなシコリが発生します。

発生箇所によっては私生活に支障をきたす為、早めに治療をするよう心がけてください。

スポンサードリンク

予防法は?

アテロームが出来やすい人は除去手術をしても、場所を変えて何度も発生してしまうことがあるようです。

画期的な改善策や予防法は見つかってはいませんが、できるだけ健やかな精神状態で維持できるよう過ごすことが大切です。

また常に外に出ている皮膚を清潔に保つようにして下さい。

お肌のお手入れを適切にすることが予防法の第一です。

またアテロームはドロドロとした脂肪が溜まることになるので、肉食に偏りがちなよく生活を正すことも予防法として重要視されています。

治療法を教えて

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

粉瘤とアテロームを摘出除去や手術法を徹底解説



強い炎症を伴う場合には切開して膿を外に出すことが必要です。

特に赤みや痛みを伴わない場合には、外科的切除手術をしてアテロームの皮膚ごと切り取ることになります。

巨大なものでなければ、日帰り手術が可能です。

「へそ抜き法」という手術法があり、皮膚の下のアテロームのみ摘出して、傷跡は小さく目立たなくさせる方法があります。

皮膚腫瘍の自己診断は非常に危険ですので、専門医の診察を受けるようにして下さい。

お肌の手入れも重要ですが、皮膚を作る力は日々の食事や生活習慣から得られるものです。

適切な食事から取られる栄養素に気を使うようにして下さい。

最近ではサプリメントも効果的と言われていますが、一日三食の食事を取り、健康的な生活を送ることが一番大切なことなのです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です