慰霊の日 6月23日 2016 その由来とイベントを教えて

SPONSORED LINK

6月23日「慰霊の日」は沖縄の人たちにとっては忘れることができない特別な日です。

沖縄県内に散在する各地の慰霊塔などでも一斉に慰霊祭が行われる「慰霊の日」由来やイベントについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 沖縄慰霊の日とは?

沖縄では戦時中、一般の住民を巻き込み、20万あまりの尊い命が奪われました。

太平洋戦争で唯一、日本国内の住民が地上戦を体験した場所であり、それはまさに地獄のようでした。

20万人を越す戦死者のうち、9万4000人あまりの方が一般の方や子ども達でした。

 

この沖縄戦で、防衛の指揮をとっていた第三十二軍司令官牛島満中将と同参謀長の長勇中将が糸満の摩文仁で自決した日が昭和20年6月23日でした。

そしてこの日を、日本軍との戦闘が集結した日ととらえ、沖縄慰霊の日が制定されることになりました。

こちらの動画をご覧下さい↓

慰霊の日 沖縄戦の記憶


その日にどんなイベントがあるの?

この日には沖縄戦犠牲者の遺族やその子孫などが集まり、県内全体で正午には黙祷が捧げられます。

また、沖縄県平和祈念資料館ひめゆり平和祈念資料館が入場無料となります。

毎年この日には、糸満市摩文仁の平和記念公園において午前11時50分から沖縄県、沖縄県議会主催の「沖縄全戦没者追悼式」が行われ、正午の黙祷などにより戦没者の御霊を慰めるとともに世界の恒久平和を願う沖縄県民の思いを世界に発信しています。

また同時に、沖縄県内に散在する各地の慰霊塔などでも一斉に慰霊祭が行われます。

スポンサードリンク

祝日になる?


6月23日は沖縄戦による戦没者の霊を慰めて平和を祈る日として、

本土復帰前は「休日」と定め、行政機関や学校、企業もお休みとなっていました。

 

1972年に本土復帰後は法的根拠が無くなりましたが、1991年に地方自治が改正され、正式に「慰霊の日」は休日と定められることになります。

いまでも県庁や役場、市町村公立学校などはお休みとなっています。

まとめ

戦争体験者が少なくなる中、今もなお沖縄県内には大量の不発弾が残されており爆発事故が後を絶ちません。

手榴弾などは、さびついてひび割れた状態で、住民の目に触れる場所にむき出しでさらされているものもあり、日常、身近な危険にさらされ続けています。

現在では普天間基地の移転問題などがとても重要な問題となっており、県知事と政府との戦いの場ともなっています。

広大な米軍基地の重圧を強いられ続けている我々沖縄県民の現状を考えることで、6月23日「慰霊の日」の持つ意味を全国の方が知る必要があると言われています。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です