オフィスでの腰痛対策 私がおススメする4つのポイント

SPONSORED LINK

私も腰痛持ちですが、仕事中に突然襲ってくる腰痛は、

とても苦しいですよね。

今回は、私が実践している、4つの腰痛対策をご紹介します。

スポンサードリンク

1.本を挟んで椅子に角度をつけましょう

a1640_000384

仕事中、ずっと椅子に腰をかけたままのデスクワークを

されている方も多いと思います。

慢性的な腰痛にに悩んでいる方も多いでしょう。

原因として、不自然な姿勢を長く続けることによっておこります。

可能でしたら、あなたが立っているときの湾曲を保てるようなデザインの椅子を使うようにしましょう。

ただ、会社ではあなたの希望通りの椅子を選ぶことは、なかなか難しいのが現状ですので、

このような方法はいかがでしょうか?



椅子の後ろ脚に5センチ位の厚さの本や雑誌を挟んで、座った時に前の部分が低くしておきましょう。



逆に、休憩時間には、前足部分を高くしてリラックスして下さい。

こうすることで、腰の負担を軽減することができます。

また、椅子の脚ではなく、クッションや座布団を使って座る部分に角度を付ける方法でも大丈夫です。

2.椅子の座り方のコツ

a1640_000069

座っている状態は、立っているときの足だけで体重を支えている時と比べて

結構疲れるものです。

ですので、座っている時に良い姿勢を保っていると疲れ方が全然違ってきます。

良い姿勢というのは、けっして「気をつけ」の時のように背筋を反らしたものではなく



上半身の重心線が耳のつけ根から肩、股関節の中央を通っている姿勢です。



椅子に座ったときの姿勢は、深く腰をかけて背もたれとの間に隙間ができないようにしましょう。

バネの入った背もたれやカーブのある背もたれがついていても、それに上体を預けないようにしてください。

かえって腰に負担をかけることになってしまいます。

また、浅く腰をかけてはいけません。

というのも、どうしても背もたれ体を預ける姿勢になってしまいます。

3.腰痛防止には足を組んで座りましょう

最近は、人間工学に基づいて設計された、

ずっと座っていても疲れにくい椅子も人気ですが

それでもオフィスワークで腰痛に悩んでいる方は多いのが現状です。

昔と比べ、家庭ではダイニング、リビング、子供の学習机の椅子など

日本人の椅子の座る時間は、長くなる一方です。

そのような生活による腰痛防止は、



椅子に座る際に、足を組むことである程度予防できます。



足を組むことで、腸腰筋がゆるみ、腰の負担が軽減されます。

ちょうど立ち仕事で足を台にのせているのと同じ状態です。

注意点として、片方だけに大きな負担がかからないように

時折足を組み替えて下さい。

4.踏み台を使って立ち仕事をラクにしましょう

a0002_003729

オフィスワークで長時間座りっぱなしのために

腰やひざが痛くなる人がいる一方、

接客業などの立ち仕事も腰に負担がかかっています。

小さな踏み台で腰痛を解消しましょう

方法



15センチくらいの高さの、自分よりひとまわり大きサイズの箱を床に置いて

足を前後にずらして、片足をこの箱にのせて下さい。

体重を両足にかけて、台にのせる足は時々交代させるようにしてください。



片足を踏み台にのせることで、股関節を曲げる時に使う腸腰筋がゆるみ、

腰の負担が軽くなります。

教壇に立つ仕事の先生や、家事を途中でやめることができない主婦にもおススメの方法です。

まとめ

毎日のことですので、少し気を付けるだけで、腰への負担が減りますので

ぜひお試しください。

スポンサードリンク


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です