初めての一眼レフ綺麗に撮影する方法は?

SPONSORED LINK

入学式や運動会イベントごとで子供を撮影する為にと、高価な一眼レフを購入される方もいるようですね。

実際使ってみると、なかなか上手には取れないと感じることがあり難しいものです。

少しでも綺麗にプロみたいな写真が撮りたいと思われる方も多いでしょう!

一眼レフで上手に撮影するコツをご紹介したいと思います!

スポンサードリンク

人物を撮る時は望遠レンズを使う!

一眼レフには買う際にレンズが付属してついてくると思います。

大概ズームレンズと言われるものが付いており、広角から望遠まで幅広く撮影することができる万能レンズです。

人物を撮影する際には、写真の中にボケを出すことで人物が引き立ち綺麗に見えてきます!

ボケを出すにはレンズを望遠にして撮影してください。

ズームレンズであれば80㎜以上にして撮影することで綺麗にボケを作ることができます。

ボケができると背景の余計なものが移らなくなり、人物だけが浮き出てくるような写真になるのです!

こちらの動画が参考になります↓

デジタル一眼レフ 実践!人物を撮るテクニック入門


逆光で撮影してみる!

カメラで撮影する時にはよく「逆光では撮らないほうがよい」と言われますが、そんなことはありません。

逆に逆光で撮影した方がドラマチックに撮影することができたり、人物や被写体を綺麗に撮影することができます。

映画の撮影などでもカメラマンは逆光を上手に使っており、太陽を画面の中に入れてフレアやゴーストを発生させる場合があります。

光の加減も重要ですが、何よりも気にせずに沢山の写真を撮影していくことが大切です。

最近のデジタルカメラはどんな状況でも対応して撮影できるオートモードや、ISOと言われる感度が高い物があり、暗闇でも撮影することが可能になっています。

スポンサードリンク

頭をちょっと切って撮影する!

子どもさんを撮影したり、モデル撮影でも使われている方法で画面の中に全部を移そうとせず、顔写真であれば相手にグッと近づいて頭を半分切ってしまうくらいの構図にします。

そうすると写真の中にその場にいるような臨場感が出てくるのです。

広告やファッション雑誌の写真をじっくりと見ていると頭が切れている顔写真が実に多いことに驚くと思います。

そんなテクニックを使うとグッと見栄えが変ってくるでしょう!

撮影するものを真ん中に持ってこない!

真ん中に撮りたいものを位置して撮ると、普通の写真になってしまいますが、右端や左端などに位置して人物を横から撮るだけでドラマチックになります。

人物に限らず、動物や植物の撮影でもこの方法は効果的です。

写真の中で空間を大きく使えるようになると、プロのような写真を撮ることができますので、ぜひ試して見て下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です