大阪天神祭 2015 見どころと日程を教えて!

SPONSORED LINK

 

東京「神田祭」、京都「祇園祭」と共に日本の三大祭の一つと言われる、大阪「天神祭」は毎年130万人の人が訪れ、千年の歴史を誇る大阪の風物詩となっています。

2015年の大阪天神祭の見どころと日程をご紹介いたします! 

スポンサードリンク

大阪天神祭とは

大阪天神祭は千年以上も前に始まり、大阪と共に古い歴史を歩んできました。

水都大阪を代表する祭と言われる「天神祭」は、大阪天満宮を中心として行われ、天満宮では菅原道真公が祀られています。

毎年、大阪市の繁栄を道真公の御神霊に見て頂き、さらなる発展を祈願する意味があります。

全国各地の魅力的なお祭りを紹介しています↓

博多祇園山笠 2015 日程と見どころをご紹介

祇園祭 2015 日程と楽しみ方 

2015春の高山祭り 日程と楽しみ方

武蔵坊弁慶まつり おさえておきたい見どころと日程

2015ひろしまフラワーフェスティバル 日程と楽しみ方

東北六魂祭 2015 見どころと交通規制を教えて!

神戸まつり 2015 日程と見どころは?

見どころと日程を教えて

天神祭は大阪市内の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年行われ宵宮が7月24日本宮が翌7月25日に定められています。

「陸渡御(りくとぎょ)」と呼ばれる大阪の町を巡る行列です。

7月25日(金)15:30〜行われています。

陸路で氏地を巡る陸渡御(りくとぎょ)は大阪天満宮の氏子・崇敬者たちで結成された「講」と呼ばれる多くの団体が、渡御の御供を行う行列を仕立てます。

渡御とは神様がお出ましになるという意味でこの講社を中心に総勢3千人余りの団体が、色彩豊かな衣装を身にまとい、神具を携えて渡御の御供をする様は、絢爛優美で時代絵巻さながらの光景です。

この陸渡御は勇壮な催太鼓を先頭に、神様がお乗りになる御鳳輦を中心に行列が進んでいき、鳳神輿、玉神輿が渡御列の最後を飾ります。陸渡御を終えるといよいよ船渡御(ふなとぎょ)の開始です。

「船渡御(ふなとぎょ)」は様々な船が行き交うもので

7月25日(金)18:00〜から行われます。

神輿を乗せた奉安船(ほうあんせん)催太鼓船(もよおしだいこせん)が天神橋から出発します。

協賛団体などの奉拝船(ほうはいせん)は、飛翔橋から南下してご祭神を迎え、舞台船は定位置に留まり、神楽や能を奉納します。

どんどこ船・人形船など列に加わらず自由に行き来する列外船もあり、祭りを盛り上げます。

また、19時30分からは毛馬桜之宮公園一帯で奉納花火が打ち上げられ一番の見せ場となる場面です。

「奉納花火」は最後に祭を飾るもので、神様に見て頂くため本宮に打ち上げるものです。

大川をはさみ二ヶ所から打ち上げられる花火は約5,000発!約100隻の船が大川を行き交う幻想的な水上航行と壮大な花火の模様は見応えあります。

また毛馬桜之宮公園では、多くの屋台がたち並び、たくさんの人でにぎわっています!

スポンサードリンク

ギャルみこしって何?

「天神ギャルみこし」をご存知でしょうか?

まずはこちらの動画をご覧下さい↓

天神祭ギャルみこし2013 / GAL MIKOSHI 2013



毎年、天神祭宵宮の前日、7月23日に天神橋筋商店街を女性達だけで巡行するものです。

なんと一般公募で募集されるもので、毎年神輿を担ぐ女性達が選出されます。

重さが約200kgもある神輿を元気よく担ぎながら天神橋筋商店街を巡行し、大阪天満宮に宮入します。

ギャルみこしは2010年に30周年を迎え、天神祭に華を添える行事として有名です。

この巡行が終わると、この中から「ミス天神橋」が、天神祭意外にもさまざまなイベントに出演します。

モデルの方などが参加されることがあり、毎年注目を集めています!

まとめ

天神祭の奉納花火を見るには大川を挟んで東側エリアと西側エリアに大きく分けられています。

東側のエリアは桜ノ宮公園を中心として屋台など沢山の出店が出ているので、お祭りの雰囲気を楽しみながら鑑賞することができます。

とっても人が多く歩くだけでも精一杯という感じになってしまうかもしれません。

一方西側のエリアは東側に比べては比較的混雑はさけれる場所となっています。

中心部よりも少し離れた場所からゆっくりと鑑賞すると良いでしょう!

梅田の阪急32番街の上位階からも見る事ができますので、あなたにあったポイントを探してみて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です