目の疲れ 少しの工夫で疲れ方が違います

SPONSORED LINK

仕事中に遠くを見て目を休ませる

 

目の疲れがおきるときというのは、

たいていの場合、集中して何かをしたときですよね。

仕事だったり、趣味のジグソーパズルや手芸など、何かをじっと見つめて作業した時、目の疲れを感じます。

事前に目が疲れることが分かっているので、終わってからあれこれケアをするより、

予防策を講じましょう。

スポンサードリンク


作業の途中で必ず休憩を入れ、目を閉じて休めましょう。

窓のある部屋、遠くを見渡せるような高いビルにいる場合、

遠くの公園を見下ろしたり、山並みを見るなどして遠景を見て下さい。

夜間の仕事は、照明に気を使いましょう

19d87a0b9fc0980b80cf91e151c848d8_m

夜間の照明は、暗すぎると目が疲れるし、

明るければいいというものでもありませんよね。

適正の明るさでないと、目の負担は増える一方です。

注意点として



・読書や作業をしている面に影をつくらないこと。

・四方から光が来る場合、立体感がなくなり、作業をしづらくしてしまうので、そうならないように調節する



光の質と明るさが、作業内容と合っているととても気分良く仕事が出来るようになります。

一度チェックしてみて下さい。

作業姿勢で目の疲れ方が違います

cc811e2d89de5740efc9e02237ef65ca_m

パソコンの入力作業をする、書類を読むなど、目の負担になる仕事では、

作業中の姿勢によって目の疲れ方が違います。

疲れを最小限にするためには、視線の対象との距離を適正に保つことが重量です。

文字を読むのなら、目との間は30センチが理想です。

パソコンの場合、

ディスプレイとの距離は、背筋を伸ばした状態で、手を伸ばして、指先がふれるくらいがちょうどいいです。

背筋を伸ばしたまま作業を続けることが、目を疲れさせないコツです。

それでも、画面が見づらい場合は、視力検査に行ってみましょう。

また、眼鏡の度数が合っていない可能性もありますので、

デスクワーク用に調整した眼鏡を作るのも良いと思います。

スポンサードリンク

ドライアイを防ぐには、リラックスが効果的

最近の眼科医を訪れる患者さんのうち、目の疲れを訴える人の6割がドライアイだそうです。

近視や老眼といった屈折異常よりも多いので、立派な現代病です。

ドライアイは、いつも涙で潤っているべき目の表面が、

涙不足で乾くので、乾燥によって目が重い、かゆい、ゴロゴロするなどの症状があらわれます。

この涙の出方をコントロールしているのが、自律神経、副交感神経の働きです。

人は、リラックスしているときに副交感神経が活発になります。

仕事の合間に、心の解放を行い

涙の分泌量を増やしてドライアイの防止を行いましょう。

また、なるべくまばたきを多くすると、目の感想を防ぐことができますので

試してみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

目を快適な状態に保つには、日々の細かな気配りが必要です。

ぜひご紹介した方法を試してみて下さい。

こちらの記事も参考になります。

視力回復トレーニング 試してみたい3つの方法

疲れ目には、ストレッチと頭皮マッサージが効果的

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です